長く使える国内外の家具が揃っている店舗へ足を運ぼう

アンティーク家具は、オリジナルのデザインや木材の独独の風合いを好む人にとって、魅力のあるインテリアとして位置づけられています。そうした中、アンティーク家具をどこで買えば良いか迷っている時には、国内外で製造された年式が古い家具が揃っているインテリアショップや家具の専門店に足を運ぶのがおすすめです。特に、アンティーク家具の扱いに慣れていない人は、湿気や水気、高温などに対応できる耐久性が強い木材を使用した家具を販売している店舗を選ぶのがポイントです。また、店舗によっては店頭に展示されていないアイテムを国内外のメーカーから取り寄せできるところもあるため、時間の許す限り自分好みのアイテムを探してみましょう。

大型家具は修理や点検が必要か確認しておこう

食器棚や本棚、クローゼットといった大型のアンティーク家具を購入する際は、近い将来に修理や点検が必要かどうか店員に確認をしておくことが大切です。例えば、経年劣化が進みやすい性質の木材が使われている家具については、頻繁にメンテナンスを行わなければならないこともあるため、メンテナンスの時期や費用について十分に注意しましょう。顧客サービスが優れているインテリアショップや家具の専門店の中には、大型の家具の購入者を対象にメンテナンスを含めたアフターサポートを行っているところも珍しくありません。そこで、お気に入りのアイテムを長く使い続けるうえで、各店の家具の品揃えや価格ばかりでなく、サポート対応についても比較をしてみましょう。

アンティーク家具の定義をご存じですか?なんとなく、「古くていいもの」という印象を持つ人も多いのではないでしょうか。実は、「作られてから100年以上経過した家具」を意味します。

エルドアカジノログイン

Next post 内祝いでカタログギフトを贈ることのメリットとデメリット